キャリアインタビュー

INTERVIEW04

セント レジス ホテル 大阪

料飲部池田 銀次さん

旧ホテル3年コース 平成29年卒業
(長崎県立島原高等学校出身)

夢の実現へ。実践の中で確かなスキルを身につける。

世界各地で様々なホテルを運営するマリオット・インターナショナル社の最高級ブランド、セントレジスホテル大阪。12階のロビーに位置するセントレジスバーでは、訪れたお客様に優雅なひとときを提供するために、カクテルやシャンパンでお出迎えします。見た目も楽しめる、おいしいお酒をつくる。それがバーテンダーの醍醐味ですが、自分が考える最高の一杯よりも、その瞬間にお客様が求める一杯を提供することがおもてなしの本質です。 お昼の時間帯はアフタヌーンティーを提供し、レストランのフォローを行うのも私の仕事。また、大阪のメインストリートである御堂筋沿いに建つ当ホテルは、イベント会場としても利用されることも多く、例えば世界的なファッションブランドの新商品お披露目パーティーなどでオリジナルのウェルカムドリンクを依頼されることも。肩書きはバーテンダーですが、「サービス」に垣根はない。そう思えるのは、入社してから、宿泊部のゲストサービス、ハウスキーピングなど、色々な職種を経験してきたから。ナカムラで学んだ実践的な学びが土台となり、お客様の期待を超えると力になっていると実感しています。今後の目標は、売上やコスト管理など経営視点を養うこと。いつか自分のバーを開業するために、実践のなかで確かな力を身につけていきます。