国の新たな修学支援制度が令和2年4月スタート 最大615万円支援されます

※ホスピタリティ学科4年コース 自宅外通学の場合の4年間最大支給総計

高等教育の修学支援新制度とは?

この制度は、しっかりとした進学への意識や進学意欲があれば、家庭の経済状況に関わらず、専門学校や大学等に進学できるチャンスを確保できるよう、国が授業料等の減免と給付型奨学金(返済不要)の支援をするものです。
この制度は法令の条件を満たすことの確認を受けた専門学校や大学が対象となり、中村国際ホテル専門学校はこの「高等教育の修学支援新制度」の対象校に認定されています。(すべての専門学校が対象ではありません)

  • 授業料・入学金の免除
  • +
  • 給付型奨学金(返済不要)

※専門学校に進学した場合

どんな学生が対象になるのか

  • 高校卒業した後、対象となる学校に2年以内に入学する者
  • 資産の要件を満たしていること(住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯)
  • 進学先で学ぶ意欲のある学生であること

自分が対象となるか調べてみよう!

※支援対象となるかどうかは、日本学生支援機構が審査して、結果のお知らせがあります

どのくらい支援があるのか

支給額

※世帯構成や年収などで支給額は決まってきます。

  • 授業料等減免
  • +
  • 給付型奨学金

※支援対象となるかどうかは、日本学生支援機構が審査して、結果のお知らせがあります

支給例(本校 ホスピタリティ学科2年コース(自宅外通学)の場合)

入学金15万円・授業料62万円(年間)

  • 入学金減免除+授業料減免額+
  • 給付型奨学金=支給総額最大約315万円

※支援金額は世帯構成や年収などで異なります。

支給区分

住民税非課税世帯は満額が支給されますが、住民税非課税世帯に準ずる世帯の学生は、年収等に応じて住民税非課税世帯の学生の3分の2または3分の1の金額が支援されます。

支給区分

上記例は4人家族(本人(18歳)・父(給与所得者)・母(無収入)・中学生)で、本人がアパートなど自宅以外から専門学校に通う場合の支援額(年額)
※支援金額は世帯構成や年収などで異なります。

手続きのスケジュール

申し込みは高校在学中に予約する方法と本校入学後に申し込みをする方法の2種類あります。

予約採用(高校在学中に予約)

高校在学中に予約する方法です。予約時に進学先が決まっていなくても申し込むことができます。
※募集は高校3年生の春頃(4月~4月)に行われることが多いですが、募集時期や募集回数は高校によって異なりますので、必ず高校の先生に確認してください。

入学前
  • 高校3年生
    4~5月頃

    給付型奨学金
    申込
  • 高校3年生
    秋頃

    結果の通知
本校入学後
  • 入学後の手続き

    <給付型奨学金>
    インターネットにて進学届を提出
    <授業料等減免>
    合格通知に同封の本校所定の用紙にて
    入学前に申請

  • 採用後

    <給付型奨学金>
    初回振込(4~5月)
    <授業料等減免>
    授業料:1年次の前期校納金から適用
    入学金:入学後に減免分を返金

在学採用(本校入学後に申込み)

本校入学後に申し込む方法です。高校在学中に予約をしていない方も申し込むことができます。
※奨学金を希望する方は、入学後に本校にて開催する説明会にご参加ください。

本校入学後
  • 4月

    給付型奨学金
    申込
  • 7月頃

    結果の通知
  • 申請手続き

    <授業料等減免>
    本校所定の用紙にて申請

  • 採用後

    <給付型奨学金>
    初回振込(7月頃の予定)
    <授業料等減免>
    減免申請後、入学金と前期授業料の減免分を返金

もっと詳しく知りたい方へ

高等教育の修学支援新制度について、もっと詳しく知りたい方は下記サイトをご覧ください